続・透析とバレエと馬と

アクセスカウンタ

zoom RSS バレエ(ballet)と乗馬

<<   作成日時 : 2006/11/05 18:33   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

balletは日本語でバレエと表記します。
バレーと表記するのは、volleyballのことです。
間違う人が多いのです。
バレエはクラシックバレエと言わないと、
理解されない人が多いです。
バレエには、モダンバレエもありますが、
私がレッスンしているのはクラシックバレエ。
そのバレエを開始したのは、
1993年(平成5年)1月9日。
透析開始が1991年(平成3年)4月10日。
多少休んだりはしてましたが、
2004年(平成16年)7月一杯まで続けていました。
私はバレエを続けることで、すこぶる元気になりました。
バレエを続けている間、
殆ど風邪をひいたことがありませんでした。
大阪からカントリーに引っ越しして、バレエスタジオが少なく
バレエに通う回数が減ってしまって、
他に何かないかな?と、思案しているところに
体験乗馬のお誘いメールが来て、入会してしまい、
初乗馬が2004年(平成16年)5月8日。
バレエと乗馬を同時にしていたのは、たった2ヶ月。
身体に効果的なのは、絶対的にバレエなのですが、
乗馬の方が通いやすいのと、生きた馬相手なので面白い。
バレエヘの足は遠のいてしまいました。
乗馬1年間は、体調も良くて、レッスンの回数も多く
上手になりたい一心で、
1日に3鞍も4鞍も乗る日がありました。
ところが、2年目に入るや、肝嚢胞の炎症が度々起り
何度も入退院を繰返すことになり、
休む度毎に、ビギナー・初心者からやり直しを繰返して
乗馬の上達なんか考えることが出来なくなってしまいました。
5月から10月の間が、要注意。
今年は、5月を無事に過ごしたから、大丈夫と、
思ったのも、一瞬。
6月から10月まで腹痛発熱に苦しめられました。
バレエへの渇望はあり、8月と9月にちらっと
バレエに復帰したのですが、お金は払ったものの
入院して、レッスンに行けなくなった。
そんな時に、家から7分程の近くに、
バレエスタジオができているのを発見しました。
11月・12月の2ヶ月分の月謝を支払い済みで、本日からレッスンと
いそいそと、教室に向かいましたが、
なんと、やってない????
レッスン変更なら、連絡してくれればいいものを。
こちらから連絡しても、電話が通じない。どうなってんのよ。

ここカントリーでは、レッスン料は前払いで、
しかも、長いのは6ヶ月分。その他3ヶ月分・2ヶ月分と
なんだか、せこい。
大阪とは大違い。
大阪はバレエ教師とオーナーが同一というのが普通なのだ。
こちらでは、教室を多数運営していて、
若い弟子にに教えさせているスタイル。
ゴウニハイレハゴウニシタガウシカナイ。
けれども、不満が燻っている。

身体を動かす範囲がバレエの方が広いし、
柔軟性が保てて、身体の老化予防効果がある。
乗馬は、何もしてなかった人には、
結構な運動量になるらしいのだが、
私には、バレエで、柔軟性を維持することは大切と感じる。
乗馬は文句無しに面白いし、楽しい。
どちらも捨て難いのだ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バレエ(ballet)と乗馬 続・透析とバレエと馬と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる