続・透析とバレエと馬と

アクセスカウンタ

zoom RSS 移植医 宇和島徳洲会病院の万波誠医師(66)

<<   作成日時 : 2006/11/12 17:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

マスゴミの大方は、病気腎を移植したということで、
万波医師が、恰も犯罪者であるかのように扱っている。
透析をしている人間から見ると、神様みたいに感じるのに、だ。
死体腎移植ネットワークはあるものの
宝くじのようなものといわれる程に、移植出来るチャンスはない。
毎年、登録の更新をして、その度に採血検査して
登録料も払うのだ。
どうせ、移植腎が当ったなら、もっと詳しく検査するであろうに。
万波医師に移植手術してもらった人は感謝している筈なのに、と、
思っていたら、やっと現れた。

>愛媛県内の腎移植患者らでつくる「えひめ移植者の会」(約百人)の
>野村正良会長は九日、県庁で記者会見し、病気腎移植が問題視されて
>いる宇和島徳洲会病院泌尿器科>部長、万波誠医師(66)を支援する
>ため「移植への理解を求める会」を結成すると>発表した。
>求める会では、万波医師は患者を救うことを第一とし、感謝している
>▽病気腎の利用が広がることを願う―の二点を訴え、厚生労働省にも
>嘆願書を出したい考え。賛同者の意見を集約し、近く公表したいとし
>ている。
>野村会長は、自らも三度目の腎移植となる二〇〇〇年八月、市立宇和
>島病院で万波医師の執刀で腎疾患(ネフローゼ症候群)の患者から摘
>出された両腎のうち、片方を移植したことを明かし「私も命を助けて
>もらった一人。使える腎臓が捨てられる状況は耐えられない」と強調、
>使える体制を整えるよう訴えた。
>手術時の同意書は「なかった」としたが、万波医師から「口頭で成功
>の確率や移植腎の状態などについて十分説明を受けた。病院長も知っ
>ているようだった」と話した。
>移植者の会会員のうち、腎移植患者は八十人余り。うち約四十人が万
>波医師による執刀で、病気腎移植は野村会長以外、把握できていない
>という。同会=電話089(978)5434。
 <愛媛新聞社 2006.11.10>

どう考えても、万波医師が、功名心のために
病気腎を移植していたとは思えない。
透析している人間の苦痛を配慮して
1人でも多くの透析人間を透析から解放させてあげようと
移植医療を続けて来たのだと思う。
手術技術は並ぶものがいない程抜群だったという。
たまたま臓器売買が行われていて、お金が支払われていないと
せこい人間が公にしたことで、万波医師が関わって来た
腎臓移植があからさまになってしまった。
宇和島などという地方で、ゴールドハンドを持ったドクターがいて、
人知れず、密かに、素晴らしいドクターがいるという噂が
全国区に広まり、幸運な人は腎臓移植をしてもらっていたのだ。
私など、宇和島にそんな素晴らしいドクターがいたなんてことを
全然知らなかった。
現在は移植の情熱が冷めてしまったけれど、
透析導入前から、導入後しばらくは
物凄く移植してもらいたかった。
フィリッピンへ行こうかな、と、考えた時期もある。
フィリッピンで移植手術してもらおかな、と
主治医に言ってみたら、
「フィリッピンで手術して来た人が、ウチにもくる。
医者は患者さんを拒否できないから一応診るけれど、
本当は診たくないんや。フィリッピンで手術してきて
調子悪くなっても、知らんで」と。
一方では、ことほど左様に、積極的に診てくれるドクターは
殆どいないのか、転院した施設のドクターの1人が
「外国で腎臓移植してきた人を診てあげます」、と、
いうメッセージを新聞が載せた。
ドクターもそれぞれということだ。
私は、ドクターは、開業していないドクターも
つまり、勤務医も個人商店だと思っている。
ブランドの総合病院であっても、ドクターはそれぞれだから
個人的資質で良かったり、そうでなかったりする。
公の機関が認定していなくても、
万波医師は腎臓移植専門医として、透析をしている人からは
絶対的な信頼を得ていたに違いない。
今後、万波医師は手術がしにくい状況に陥るかと推察する。
それでも、万波医師が、手術できない状況に
恣意的におとしいれることだけは絶対にしてほしくない。
こんな騒ぎになってなお、万波医師に腎臓移植をしてほしいと願う人は
増えるのではないだろうか?
腎臓移植手術は、それなりの施設が整った病院でしか
できないのだから、これまでどおり
手術ができるように、宇和島徳洲会病院が守ってあげてほしい。
このことで、万波医師に犯罪性があるということになれば
日本での腎臓移植手術がまたまた後退する。
かって、東京女子医大では、太田和夫教授が、
病気腎臓をアメリカから輸入したとして、
大学から追放された例がある。
元太田教授にしても、腎臓移植の第一人者で移植に熱心な
ドクターだったのに。
ろくでもない識者や見識のないTVのコメンテイターの
発言に惑わされないように。
ついでに、透析に関係ない人は黙っていてほしい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
結局お前のほうが情弱だったってオチが付いたなwww
見てるか、バ管理人
2011/06/28 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
移植医 宇和島徳洲会病院の万波誠医師(66) 続・透析とバレエと馬と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる